貝殻のライトシェード

貼りつけた貝殻の後ろの布を切り抜いているので、ライトを灯すときれいに貝殻の色が透けます
レタスクラブ掲載作品

作りかた

材料:貝殻、ウニ殻、ビーチグラスなど 約30センチの流木4本 木工ボンド 針金 画鋲
厚手の布(本作品ではシーチング使用)デニムやキャンバス地など (ライトは含まれません)


1、針金で直径13センチの輪を2個作る。紙に正確なサイズの円を書いてそれに合わせながら、ビンなどで針金を曲げながら正確できれいな輪を作ること
セロテープで針金を留めて輪にする。アルミワイヤーは柔らかいので不可、針金を使おう。
2、布を裁つ。横は輪の直径にあわせて41センチ+のりしろ分1センチ、タテ25センチ+のりしろ上下1センチずつで27センチ。42センチ×27センチを正確に裁つこと
*布と針金の輪が正確に出来ていることが大事なポイントです。
*布はコシのあるものを使う。コシのない布の場合は糊付けアイロンがけでピシッとさせておく。
3、布地の裏側に印をつける。まず上下のりしろ分と横ののりしろ分に印つけ。それからのりしろを除いた横41センチを4等分にして印をつける。ここに後で流木の足が付くので目印とするため。(写真の破線部分)
4、上下ののりしろ部分だけをアイロンをかけて折り目をつけておく。布裏に向かって折るように。
5、印がついたら貝殻を好きなようにレイアウトする。貝殻は光にかざしてみてきれいに透けるものを。

6、レイアウトが決まったら並べた貝殻を全部ひっくり返す。
7、裏返しになった貝殻のアウトラインを鉛筆でなぞって、布に貝の形の印をつける。(下の写真参照)終わったら貝殻はレイアウトがばらばらにならないように気をつけて、別の場所に移しておく。

8、今つけた印より2まわり(約8ミリ)小さく穴を切り抜く。握りバサミを使うと良い(下の写真参照)

9、布の左右ののりしろにボンドをつけて張り合わせ、筒状の形にする。
10、上下の折ったのりしろ部分にボンドをつけて、針金の輪を入れて糊付けして固定する。(下図の状態)
* 最初に布のサイズと針金の輪が正確に出来ていないと、このとききれいに合わないので注意。

11、穴に表側から貝殻をボンドで貼り付けていく。グルーガンはきかないので必ずボンドで。穴の周囲にはさみで細かい切り目を入れて、貝の丸みに沿わせるようにしっかり貼り付ける。根気よく。
12、なるべく真っ直ぐで太さが同じ(大人の親指くらいの太さ)流木30センチ程のものを4本用意する。スタンドの下に3センチ分の足を出して、布裏側の印をした部分に表から流木をあわせ裏から画鋲で上下2箇所を留める。(安定しない場合は数箇所多めに留める。)裏側から画鋲を突き刺し、表から流木を突き刺すとよい。画鋲にはボンドをつけてしっかり留める。
ライトを入れてできあがり。(ライトは別に用意してください)
<< PREV  NEXT >>