アヤメ科/ユリ科

植物情報

青色
分類

性質

栽培要点

栽培して気づいたこと

青花ニワゼキショウ・
‘カリフォルニアスカイ’
Sisyrinchium 'California Sky'
アヤメ科
ニワゼキショウ属
和名 庭石菖

藤青
北米、西インド諸島
耐寒性多年草
10〜20センチ
夏咲き
耐寒耐暑とも強いが、霜で傷む。
芝生の中などで自然に増える。
大株になると花が多くつき、隅に置けない可愛い花です。ニワゼキショウの園芸種で、ニワゼキショウより花びらに丸みがあり色が鮮やかでやや背が高い。こぼれ種で増えるので放任で育てています。
クロッカス・‘パープル
Crorus`Perple'
アヤメ科
サフラン属

S青紫
地中海沿岸
耐寒性球根
10センチ
早春咲き
耐寒性の強い球根。
丈夫で植えっぱなしでよい。日当たり好む。
水栽培もできる
ブルーパールより大きめの花が咲きます。
クロッカス‘ブルーパール’
Crorus`Blue Pearl'
アヤメ科
サフラン属


地中海沿岸
耐寒性球根
5センチ
早春咲き
耐寒性の強い球根。
丈夫で植えっぱなしでよい。日当たり好む。
水栽培もできる。
透明感のある大変美しいクロッカス。
ぎっしり植えるときれい。冬季の乾燥に注意。 乾かしすぎると花つきが悪いようです。花後に化成肥料をパラパラ播いてやります。
ジャーマンアイリス
German Iris
アヤメ科
アヤメ属


北ヨーロッパ
耐寒性多年草
70〜120センチ
夏咲き
耐寒性強く寒冷地向き。
排水の良い砂質壌土を好む。日当たり良く。
株分け容易。色数豊富。
北海道ではどこの庭でも見かけます。
写真の花は品種名を忘れてしまいました。球根を半分出して植えること。過湿は厳禁。
大株に育つと見事です。
ジャーマンアイリス
‘ミスティーク’
German Iris `Mystique'
アヤメ科
アヤメ属

黒青
×
北ヨーロッパ
耐寒性多年草
100センチ
夏咲き
耐寒性強く寒冷地向き。
排水の良い砂質壌土を好む。日当たり良く。
株分け容易。
ビロード黒と青藤色の花びらがシックでとても目立ちます。
球根を半分だして高植えにします。
雨天が続くと病気になりやすいので注意。極力排水と通気を良く。
葉に病斑が出たら堀上げ、2,3日乾燥させたのち消毒して植え付けます。
土は畑土で。
ジャーマンアイリス
‘ロイヤルタッチ’
German Iris `Royal Touch'
アヤメ科
アヤメ属

濃青紫
北ヨーロッパ
耐寒性多年草
100センチ
夏咲き
耐寒性強く寒冷地向き。
排水の良い砂質壌土を好む。日当たり良く。
株分け容易。
青みが強い濃い青紫が美しい。
球根を半分だして、高植えにします。
多雨のときに病気になりやすいので注意。極力排水、通気良く。
葉に病斑が出たら堀上げ、2,3日乾燥させたのち消毒して植え付けます。
土は畑土で。
ダッチアイリス
Iris x hollandica
アヤメ科
アヤメ属
英名 Dutch Iris
和名 阿蘭陀菖蒲

濃青紫
地中海沿岸
耐寒性多年草
50センチ
夏咲き
耐寒性強く丈夫。多肥を好む、肥えた土に植えつける。 地中海沿岸性で暖地向きのようですが、当地でも植えっぱなしで越冬し毎年咲いてくれてます。素晴らしく濃い青紫が目を引きます。背丈も高すぎず葉も少なくまとまりが良いので、花壇での混植に便利。秋に化成肥料、開花前後に水肥を。


アガパンサス
Agapanthus
ユリ科
アガパンサス属
紫君子蘭

藤青
南アフリカ
耐寒性多年草
30〜70
センチ
夏咲き
耐寒・耐暑性強く丈夫。日当たり好む。腐植土の入った庭土に地植えすれば放任で育つ。 サイト写真のアガパンサスは戴き物なので種類不明。単にアガパンサスとして載せました。植えっぱなしで冬に化成肥料をやるくらいで手間いらず。地植えで大株に育つと見事です。
(アガパンサス属はネギ科やアガパンサス科に分類されることもありますが、ここでは旧来どおりユリ科にしています)
シラーシビリカ
Scilla siberica
ユリ科
シラー属

シベリア、シリア
耐寒性球根
10〜20センチ
春咲き
日当たりか林床などの半日陰。耐寒性強い。
排水よく
丈夫で手がかからず毎年早春に咲いてくれます。花後に実をつけ、数年経つうちこぼれ種で増えていきます。
排水保水とも良い腐葉土の多い土で。
シラー・チューベルゲニアナ
Scilla tubergeniana
ユリ科
シラー属


水色

コーカサス
耐寒性球根
10〜15センチ
春咲き
耐寒性強く日当たりを好む。植えっぱなしでよい。 ごく淡い水色に、水色の筋が入る清楚な美しい花。丈夫で手がかかりません。花後にお礼肥をあげます。
チオノドクサ・
ルシリアエ
Chionodoxa luciliae
ユリ科
チオノドクサ属
英名 Glory of the snow

藤青
トルコ
耐寒性球根
10〜20センチ
春咲き
耐寒性強く寒地向き。
丈夫で強健。植えっぱなしでよい。
寒さに強く、北海道の庭でよく栽培されています。花色は透明感があり輝くような美しさ。
詰めて植え付けるときれい。
チャイブ
Alium schoenoprasum
ユリ科
ネギ属
和名 蝦夷葱


桃藤

北半球
耐寒性多年草
30〜50センチ
夏咲き
耐寒性強い。
風通し、排水、日当たり良く。根が鱗茎になるので繁殖は分球か実生。
高植えにすると良い。
高温多湿は苦手。葉は薬味に。
北海道ではエゾネギといいます。寒さに強く、大株になると花つき多く見事で自然に増えます。多湿、蒸れに注意。 (関東では長雨時にいつも枯らしてました)
チューリップ
‘ブルー ダイヤモンド’
Tulipa cv. `Blue Diamond'
ユリ科
チューリップ属

中央アジア
耐寒性球根
30〜50センチ
春咲き
耐寒性強い。日当たりの良い肥沃な土に植える。大きな良い球根を植えるのが良い花を咲かせるコツ。 チューリップの中で青い花ということで入れてみました。重ねの厚い八重カップ咲きで豪華な花です。花形も良く目を引きます。
チューリップ
‘ブルー パーロット’
Tulipa linifolia `Blue Parrot'
ユリ科
チューリップ属

中央アジア
耐寒性球根
10〜25センチ
春咲き
耐寒性強い。日当たりの良い肥沃な土に植える。大きな良い球根を植えるのが良い花を咲かせるコツ。 チューリップの中で青い花ということで入れてみました。鳥の羽のようなパーロット咲きは洒落た上品な雰囲気のある花形で、 切花にすると映えます。性質はやや弱く、二年目以降は良い花は見られないので球根は一期で交換します。 
ヒアシンス・
‘スカイジャケット’
Hyacinthus orientalis
'Blue Jacket'
ユリ科
ヒアシンス属

地中海沿岸
耐寒性球根
10〜25センチ
春咲き
耐寒性強く丈夫。
日当たり良く肥沃な土好む。
デルフトブルーよりもやや薄い藤色の花。
ヒアシンス
‘デルフトブルー’
Hyacinthus orientalis
'Delft Blue'
ユリ科
ヒアシンス属


藤青

地中海沿岸
耐寒性球根
30センチ
春咲き
耐寒性強く丈夫。
日当たり良く肥沃な土好む。
植えっぱなしで翌年も咲きますが、花はやや小さくなるようです。水耕栽培の場合、 根が伸びてきたら水位を下げてやります。
ところでヒアシンスはどうやって増やすのでしょう?
分球したのを見たことがないのですが…。
プシュキニア
Puschkinia scilloides
ユリ科
プシュキニア属


水色

コーカサス〜レバノン
耐寒性球根
10〜20センチ
春咲き
耐寒性強く丈夫。寒冷地向き。 まだ栽培を始めて間もないのですが、シラーに準じて植えっぱなしで育てればいいようです。
シラー・チューベルゲニアナととてもよく似ていますが、筒状になったおしべに特徴があります。
ブリメウラ・アメジスティナ
Brimeura amethystina
ユリ科
.........属
和名 球根釣鐘草

藤青
ピレネー
耐寒性球根
30〜40センチ
春咲き
耐寒性強い。日当たりと腐植土を好む。ロックガーデンに向く。  以前は学名をヒアシンサス・アメジスティヌス(Hyacinthus amethystinus)と表記されていました。今でも混同があるようです。
花つきはやや少ない。
暑さと過湿には弱いようです。
ムスカリ・アズレウム
Muscari azureum
ユリ科
ムスカリ属

濃水色
地中海沿岸
耐寒性球根
15〜20センチ
春咲き
耐寒耐暑とも強く、植えっぱなしで毎年よく咲く。水はけ日当たり好む。
繁殖は分球。
澄んだ水色が美しく、フリルのような花も繊細な印象の花。背も低めにまとまるので背の低い花と取り合わせやすい。
ムスカリ
‘コートダジュール’
Muscari armeniacum
'Cort d'ajour'
ユリ科
ムスカリ属

藤青
地中海沿岸
耐寒性球根
30センチ
春咲き
耐寒耐暑とも強く、植えっぱなしで毎年よく咲く。水はけ日当たり好む。
繁殖は分球。
ぎっしり植えるときれいです。花後に化成肥料を。


青い花TOP